結婚式にお呼ばれ!お祝いの席に備えて持っておきたいパールのアクセサリー

  • Post By:
  • Date:

結婚式ではマナーをしっかり守りましょう!

親しい友人や親戚の結婚式、おめでたいお祝いの場に呼ばれるのはとても嬉しいことですね。普段はなかなかできないおしゃれな格好をして、華やかな場を盛り上げましょう。若い女性は場を華やかに彩ることも求められる役割です。しっかりお洒落することがマナーだと心得ておきましょうね。ただし、その際にも気をつけなければならないドレスコードがあります。場にそぐわない恰好をしていては、招いてくれた主役に申し訳ないですよね。

花嫁とかぶる白ドレスは絶対に避けて!

結婚式の主役はやっぱり花嫁。その花嫁のウェディングドレスの「白」とかぶることは重大なマナー違反!白を避ければいいというだけでなく、遠目からだと白に見えてしまう淡いカラーも避けるようにしてくださいね。淡いベージュやピンクなどは白っぽく見えやすいので注意が必要です。また、昼の結婚式では露出を避けるのがマナーです。肩の出るドレスの場合は、ショールやボレロで露出を抑えましょう。また、うっかりしがちですが、昼の結婚式ではキラキラと輝く素材を避けるのもマナーです。

使い勝手の良いパールアクセは心強い味方!

夜の結婚式は光り物でもOKなのでアクセサリーはいろいろ選べますが、輝きを抑えたい昼の結婚式用にパールのアクセサリーがあると便利です。昼の結婚式でも、華やかに飾りたい夜の結婚式でも時間帯を限定せずに活躍してくれます。華やかな装いになるように、ネックレスとピアス、もしくはイヤリング、ブレスレットなど同じデザインで揃えておきましょう。単品使いで使いまわすこともできるので、様々なシーンで役に立ってくれることでしょう。

洋装でのキリスト教式が主流の現在、鶴岡八幡宮で結婚式をすると、和装で本格的な神前式を挙げられます。日本の伝統的な厳かな雰囲気の挙式は記念に残ります。